Raw Life blog & information


    Raw Life      札幌市北区北24条西10丁目1-10 011-215-6212
by tequila-cafe
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

東北ボランティアについて

もともと春に仙台の友達のとこに遊びに行く予定でした。

今回の大震災があって、頭はそいつらの事で頭がいっぱいで
3日後くらいに来た連絡でみんな無事であることをしりました。

そのうちの一人のやつに、おれに何かできることはないかと聞いたら
「ラーメン食って酒が飲みたい」って。

なんかこんな時なのに、すごくうれしくて会いたくて。。

やっぱり仙台に行くことにしました。


それから、色んな想いでのチャリティーイベントの開催に至り
たくさんの人からの気持ちをいただきました。

何か手伝えることがあるなら、宮城福島に少しでも早く行き、自分のできる手伝いをしようと思いました。

ただ、ブラウン管の情報だけでは
安全性や必要性などのリアルな感覚がなく
いつ向かっていいかわからずで。

とにかくどうしていいか調べたところ

何か現地でボランティアがしたい人は
自分の住んでいる地域にある、ボランティアセンターに連絡をするべきということを知りました。

札幌市北区に住んでいるおれの場合は札幌市ボランティアセンターです。

そこに連絡をすると、係の人に対応してもらい
ボランティアセンターに所属している、ボランティアコーディネーターさんによって色んな指示をもらえます。

もしも興味があるかたは、連絡先を調べて電話したらいいです。


おれが電話した3/15の話では
まだ、現地では人命救助をはじめとする専門的な救助隊による活動が一番であったり
交通手段、余震の可能性、放射線など、色んな理由により
札幌市では、まだ今の段階(3/15)ではボランティアの募集をしていないとの話でした。

もしも各地でボランティアの募集をする場合は、各地のメディアによって告知をするので
テレビやラジオ、新聞に耳を済ますか
直接、その地域のボランティアセンターに連絡をするか という方法らしいです。



チャリティーイベントをやって、宮城仙台に行く話をしてから
何人かの方にどうやっていけばいいかと言う相談をもらっています。

もしも周りにそんな気持ちでいる人たちがいたら、この情報の話をしてあげてみてください。

直接、市が定める手段としてはベストな方法だと思っています。




さっき仙台の様子が気になり、友達に連絡をしたところ
仙台ではボランティアの募集をしているようなので、おれは明日出発にすることにしました。


せっかくもらった、北海道の小さい街で集まった暖かい想いたち
ちゃんと伝えて、ちゃんと自分の肌で感じてこようと思います。
[PR]
by tequila-cafe | 2011-03-17 00:07 | about raw life days
<< 震災復興チャリティー 『道内ス... 3/12 チャリティーイベント報告 >>


最新の記事
東北大震災チャリティーイベン..
at 2012-03-30 01:29
Kenjha & Mor c..
at 2011-06-08 23:48
つぼっち誕生会
at 2011-04-28 23:44
24の唄家 2011.4
at 2011-04-24 16:32
月の引力
at 2011-04-21 18:04
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧