Raw Life blog & information


    Raw Life      札幌市北区北24条西10丁目1-10 011-215-6212
by tequila-cafe
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

災害ボランティアセンター@宮城野体育館

仙台市のボランティアセンターの話です。

今、仙台市内には2カ所で災害ボランティアを受け付けています。

宮城野体育館(新田地区)と仙台市災害ボランティアセンター(五稜郭プラザ内)

自分は昨日から宮城野体育館の方に行ってます。


体育館は災害ボランティア基地になっていて、そこで9:00〜14:00の間で受付しています。

住所、氏名、電話番号を記載したら、中の椅子に来た人から座って待ち
ボランティアセンターの方に要請のあった連絡を、調整係が取りまとめて
おれら、待っている人たちに こんな要請があったけど行きたい人いますか という感じで募集し
そこで挙手した人たちから選ばれて現地に行きます。

例えば「若林地区の公民館の畳を片付けです。男性8人いますか?」とか
「宮城野区の配膳の手伝いです。男性1名女性1名。自転車で行ける人でお願いします!」
みたいな感じ。

ざっと百人くらい待っている人たちがいますが、前の方に座ってる人たちからぽんぽん出発して行きます。

グループが集まるとリーダーがそこで決められて、みんなや個々で現地に向かって
住民やそこにいる人たちとコミュニケーションをとりながら、活動しています。


おれが一緒にいれたグループの昨日と今日の活動は
岩切の独り身のおばあちゃんやおじいちゃんがたくさん住んでいるところで
タンスもとに戻したり、外れた窓際をうめたり、瓦危なくないように集めたり
そんな片付けの作業でした。

おれらしか出来ない事ではないようで、おれらだから出来た事だと
終わってみて思っています。


ボランティアはいればやる事はたくさんありそうです。

特にこれからは、被災された方の気持ちを和らげたりする意味でも
必要とされてくるんじゃないかと思います。

それが、善か偽善か
正しいか正しくないか
そんな事は、後から決めればいいと思います。

もしも行く気持ちで迷っている人がいたら、来てみるのもありじゃないかな。
助けを待っている人は必ずいます!

こんなでっかい地震だったんだから。
[PR]
by tequila-cafe | 2011-03-20 20:09 | about raw life days
<< グラウンドの片隅 スナック古々 >>